タイガー&ドラゴン 動画配信

池袋ウエストゲートパークに続いて、ドラマ「タイガー&ドラゴン」もparavi(パラビ)で全話配信されています。

IWGPは2000年、タイガー&ドラゴンは、2005年のドラマです。

主演は、長瀬智也と岡田准一

脚本は、宮藤官九郎さん

この時期のクドカンドラマは、池袋ウエストゲートパーク、木更津キャッツアイ、タイガー&ドラゴン
と、どれもテイストの異なる、面白いドラマです。

共通しているのは、主人公がサラリーマンではないこと。
かなあ

何といっても、タイガー&ドラゴンでは、長瀬君はヤクザで取り立てをしている時に、取り立て相手の落語家にハマって弟子入りしちゃうっていうお話ですから。

しかも、落語家の借金を落語を教えてもらう授業料として長瀬君が払うっていう摩訶不思議な取引成立。

岡田准一は、落語の才能を認められているのに、売れない洋服を作って売ってる落語家の息子

このドラマは、毎回、古典落語が題材になっていて、日々巻き起こる身近な出来事を古典落語のお話になぞらえて、最後に長瀬君が高座で話して終わる形式になってます。

古典落語の現代訳みたいな。

かなりアレンジ入ってるけど。

こんなことを思いつくなんて、ホントに、宮藤官九郎さんって、凄いなあ・・・・

若い日の長瀬君は、ホントに精悍でカッコいいです。

paravi でどうぞ

池袋ウエストゲートパーク キャスト

池袋ウエストゲートパークがparaviで配信中♪です

長瀬智也さん主演、宮藤官九郎さんの脚本のドラマです。

池袋ウエストゲートパークは、年末にも深夜に全話再放送されていたみたいですね。

なかなかに、ハードな内容で、地方では、深夜枠ドラマでもあったそうですが、何しろキャストが凄い!

長瀬智也
佐藤隆太
窪塚洋介
妻夫木聡
山下智久
森下愛子
加藤あい
阿部サダヲ
坂口憲二
西島千博
高橋一生
矢沢心
小雪
きたろう
渡辺謙
坂口憲二

今を時めく方々の20年前の若き姿です。

西島千博さんは、真矢ミキさんの旦那さんです。

他にも、実は
小栗旬!
G-BOYSの下っ端の役で、全然わからないけど、ご出演!

スペシャルの「スープの回」では、学生服姿の浅利陽介さんも観れます♪

スープの回では、木更津キャッツアイのメンバーも、「上京してきた」体で、池袋に居ました。

山Pまで、殺されちゃうっていう
しかも、一連の事件の真犯人が、多重人格の加藤あいちゃん
っていう衝撃の展開になるドラマでしたが、

とにかくまあ、
若い日の長瀬智也さんとキング窪塚洋介さんが、カッコいい★
ドラマです。

大好き★

池袋ウエストゲートパークは、小説が、何シリーズも出ているのですね♪実は

こちらで、シリーズ一覧が見れます♪


動画配信は、パラビです。

24 ドラマ

24 Japan が始まりましたね~

24 ドラマ 気になっていたけれど、見たことなかったので、これを機会にオリジナルのジャックバウアーの24を見てみることにしました。

Huluで配信中です♪

字幕版を見ていると、セリフもほとんど同じですね~

違うのは、
暗殺予告されるのが、日本版では女性の女性政治家
アメリカ版では、黒人の男性政治家

主人公の娘のパソコンのパスワードが、日本版では、「LOVE PAPA」
アメリカ版では「くそったれ」・・・・

やっぱり、どうしても、オリジナルドラマのカッコよさが勝ってしまうので、
唐沢君みてから、ジャックバウアー 見ようかな。

24 だから、24Japanも24話やるんですかね~




大森南朋 ハゲタカ

「私の家政夫ナギサさん」で、すっかり人畜無害のおじさん役を演じている大森南朋さん。
癒されキャラとして人気みたいですが、
私の中の大森南朋さんは、やっぱり「ハゲタカ」の鷲津政彦!
大好きなドラマです。
共演者もみんなカッコいいし!
柴田恭兵、松田龍平、宇崎竜童、栗山千明・・・

ナギサさん見てたら、やっぱり、「ハゲタカ」が見たくなって、NHKオンデマンドで、再視聴。
何年かに一度は、見てしまう「ハゲタカ」です。

NHKのドラマって、何気に良質で良いドラマが沢山あって、NHKオンデマンドはまると、時間が足りません・・
ついつい夜更かし。
しても、6話とかなので、2日で見切れるのがありがたい♪


ドラマ




原作


映画「ハゲタカ」


三浦春馬 僕のいた時間

三浦春馬さん主演のドラマ「僕のいた時間」と映画「こんな夜更けにバナナかよ」を観ました。

どちらも、ALSの患者さんが主人公のドラマです。


僕のいた時間では、三浦春馬さん自身が、社会人として働きだしたばかりで、ALSが発覚する青年役

こんな夜更けにバナナかよ。
では、ALSの患者さんを支える、ボランティアをしている医大生役

僕のいた時間は、三浦春馬さん自身が、命に係わるドラマがやりたいと、望んで作られたドラマだそうです。

多部未華子さんは可愛い。
野村周平君が、弟役なんですが、人の気持ちを考えずに言葉を発してしまって、コミュニケーションがうまくいかず、医大を中退してしまうのですが、自分が本当にやりたいことを見つけ、最終的に医者への道をあきらめ、大学を入りなおします。
本人に悪気はないのですが、「人の気持ちを考えずに言葉を発してしまう」感じが、とても良く出てました。

斉藤工さんが、先輩役。
若い時からカッコいい!

どちらのドラマでも、周りの人の手を借りながら、最後まで前向きに出来ることを探し続けていく人のドラマでした。
「僕のいた時間」では、病気が発覚して、現実を受け入れられないところから、徐々に病気を受け入れて、
病気を会社にも公表して、職場の理解を得ながら、出来ることを見つけて仕事を続けていきます。
会社に通えなくなった後は、在宅で仕事を続けます。
病気が分かったあと、恋人だった多部未華子さんに別れを告げ、
やがて、多部未華子さんは、先輩の斎藤工さんと、付き合い、婚約までしますが、
車椅子サッカーの会場で、三浦春馬さんと再会し、
結局、斎藤工さんとは別れ、三浦春馬さんの看護をすることに・・・

「僕のいた時間」は、FODプレミアムで全話配信中